緊急連載「石灰石ペーパー類」は本当にエコか(上)

このエントリーをはてなブックマークに追加

海洋プラスチックごみなどの環境問題を契機に、プラスチックや紙の代替品として「石灰石ペーパー類」が注目されている。いまや多くの企業や自治体が導入し始めた。だが実は、石灰石ペーパー類による環境負荷やリサイクル阻害要因を疑問視する声も少なくない。(オルタナ編集長・森 摂、編集委員・栗岡理子)

■プラスチック汚染をイノベーションで解決できるか

BioJapan 2019において、神奈川県のブース「SDGs×Kanagawa」に展示された各種LIMEX製品(2019年10月11日、パシフィコ横浜にて撮影)

いまや海洋プラスチックごみ問題は、気候変動と並ぶ世界最大の環境問題になった。世界の海に存在しているといわれるプラスチックごみは、合計1億5,000万トン。そこに、少なくとも年間800万トンが、新たに流入していると推計されている。

安倍晋三首相は2019年10月、京都市で開いた国際会議「STSフォーラム2019」で基調演説を行い、「プラスチックは敵視すべきでなく、適切な管理が必要だ」と述べるとともに、プラごみによる海洋汚染について「イノベーションで解決への道を開く」と強調した。

しかし、海洋プラスチック汚染問題の解決は容易ではない。近年は、海だけでなく陸域にも大量のマイクロプラスチックがたまり、私たちの食事や、私たちが吸う空気にもプラスチックの微粒子が入っていることが分かってきた。

そんな中、石灰石ペーパー類が注目を浴びている。もともとは台湾メーカーが2006年に開発した「ストーンペーパー」が始まりだが、最近では「LIMEX」(ライメックス)という製品が大きく販売量を伸ばしている(写真)。

■石灰石とプラスチックの複合品

ページ: 1 2 3

2019年11月5日(火)7:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑