オルタナ歴代第1特集の冒頭がDL可能になりました


オルタナ39号(2014年12月16日発売)
障がい者雇用「3%時代」の幕開け
障がい者の雇用義務が法改正で広がり、各企業は対応を迫られている。企業にとって「福祉」の対象だった障がい者を戦力化し、それを企業の成長に結びつけた成功事例も増えてきた。法定雇用率が3%になる時代もいずれやって来る。企業は、どうすれば障がい者雇用で成功できるのだろうか。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ38号(2014年9月29日発売)
「CSRか利益か」、議論は終わった
世界のCSR(企業の社会的責任)の潮流は、間違いなく「英国」に源を発する。日本企業では「CSRか利益か」という議論がまだ続いているが、英国のCSR先進企業においては、この議論はとっくの昔に終わり、企業価値の向上や競争戦略の文脈でCSRを語る。その最前線を追った。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ37号(2014年6月30日発売)
農水省がおかしい――TPP、ネオニコ、GMO
最近の農林水産省は不可解な政策が少なくない。遺伝子組み換え作物(GMO)の輸入は認可し放題、ネオニコチノイド系農薬については欧州で規制が始まったのにもかかわらず、日本では残留農薬の基準値緩和を打ち出す。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)後の日本の農業は極めて不透明だ。農業ジャーナリストの浅川 芳裕氏に報告してもらった。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ36号(2014年3月29日発売)
いざ鎌倉、危機に企業集う、鎌倉発イノベーション
だれもが認めるブランド都市「鎌倉」。実は財政は火の車で、急速な高齢化やごみ問題など街としての課題も山積みだ。そんな危機に若手を中心とした経営者が立ち上がった。NPOも援護射撃する。「鎌倉発」社会(ソーシャル)イノベーションの今を追った。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ35号(2013年12月16日発売)
ソーシャル・ブランディングの時代
企業価値を向上させるための手段として、「ソーシャル・プランディング」を提唱したい。その原動力は「社会を良くしたい」という利他的な本能であり、社会的課題を解決していくことで、顧客や社員、ひいては社会からの共感が集まる。これにより、企業のコア・バリューを高め、ブランド全体の価値を高めることが期待できよう。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ34号(2013年9月30日発売)
ダイバーシティ&インクルージョン、D&Iが企業を強くする
人材の多様性を尊重する「ダイバーシティ(多様性)」。多様な人を社会や組織に取り込む「インクルージョン(包摂)」。性別、国籍、宗教、障がいの有無といった個々の違いを尊重することは、企業や組織の競争力を高める。取り組まない企業は淘汰される可能性すらある。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ33号(2013年6月29日発売)
NPO 成長の条件
1998年にNPO法(特定非営利活動促進法)が成立してから15年。現在までに5万近いNPOが生まれた。だが、その半数以上は年間収入が500万円未満と、個人事業と変わらない規模だ、一方、米国のNPOには総収入が数十億円から600億円規模にまで達する「メガNPO」が存在する。どうすればこの「成長の壁」を乗り越えられるのか。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ32号(2013年3月29日発売)
ソーシャル・パワー 最後の成長戦略
「アベノミクス」は今のところ好調に推移しているようだが、その行く末を案じるエコノミストは多い。人口減少や貧富格差の拡大など社会的課題も積み残しのままだ。しかし、光明もある。「社会を良くしたい」とする個人や企業の動きだ。これを「ソーシャル・パワー」と名付けたい。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ31号(2012年12月17日発売)
ソーシャルな農業─若者たちが社会課題を乗り越える
ソーシャル・ビジネスの目的が社会変革や社会課題の解決だとすれば、「農業」は日本にとって最大級の社会課題だろう。農業従事者の平均年齢は65歳を超え、耕作放棄地は全国規模で広がっている。この難問を解決しようと若者たちが立ち上がった。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ30号(2012年9月29日発売)
環境教育がビジネスを動かす
「環境教育」をCSR活動の一環として手掛ける企業が増えている。ISO2600のなかでESD(持続可能な開発のための教育)が重要事項として盛り込まれたほか、6月には「環境教育等促進法」が改正され、地域や企業の枠組みを超えて取り組むことが求められるようになった。だが、環境教育をどのような形で進めていくかは、まだ日本企業の間で共通の認識がないのが実情だ。環境教育を通じて、企業や地域は何を目指せばいいのか。
続きを読む 購入はこちら

ページ: 1 2 3 4 5 6

2020年8月12日(水)10:33

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑