オルタナ歴代第1特集の冒頭がDL可能になりました


オルタナ19号(2010年5月3日発売)
間違いだらけの生物多様性
「生物多様性」は取っ付きにくい。今年10月には、名古屋市でCBD-COP10(生物多様性条約第10回締結国会議)が開かれるというのに、まだまだ日本人に理解されているとは言えない。何が問題なのか。何が誤解されているのか。「生物多様性」におけるトップの専門家たちに話を聞いた。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ18号(2010年4月発売)
環境・CSR経営、世界ベスト100社
オルタナは創刊号以来、環境・CSR経営に優れる国内・海外の企業を紹介してきた。今年はその枠を100社に拡大した上で、選考委員会での協議のもと「アース賞」「ソサエティ賞」「ピープル賞」「ストア賞」「モノづくり賞」を設定し、表彰することにした。オルタナが考える、「ヒトと社会と地球に優しい」企業たちだ。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ17号(2010年2月発売)
私が考える農業、宮沢賢治の「農」への思い
農業が注目されていると言われて久しい。だが、議論される割に状況はさほど変わっていないのではないか。そんな時は原点に帰ってみたい。宮沢賢治もその一人であるはずだ。現代日本で農業の最前線に携わる8人からも「私が考える農業」について伺った。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ16号(2009年11月発売)
グリーン革命が始まった、「25%削減」は日本のチャンス
「2020年までに温室効果ガスを25%削減する」という鳩山由紀夫首相の国際公約によって、日本は持続可能社会の実現に向けて大きく舵を切ることになった。「日本版グリーン革命」とも形容できるこの動きは、うまく制度設計すれば企業や社会の競争力を高め、日本に明るい未来をもたらす。これから何が変わるのか。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ15号(2009年9月発売)
「バックキャスト経営」を考える、企業のCO2削減はなぜ長期目標が必要か
政府による温室効果ガス削減の中期(2020年)目標設定に当たって、産業界がこぞって高い目標値に反対したことは記憶に新しい。だが、その一方で、10─40年後をターゲットに、大胆な二酸化炭素(CO2)削減目標を独自に掲げる企業も増えてきた。こうした企業の共通項は「将来のあるべき姿」を起点に目標とロードマップを設定する「バックキャスト」(バックキャスティング)という手法だ。スウェーデンが発祥というこのモデルは、果たして日本に根付くのか。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ14号(2009年7月発売)
シャンプーで世界を変える!
環境や社会問題を常に考えながらモノやサービスを選ぶ人はまだまだ日本には少ない。その原因は、企業側にも生活者側にもある。ふだん何気なくスーパーの特売品を選ぶことが多い「シャンプー」を題材に、どうすれば日本に「グリーンな生活者」が増えるかを考えてみた。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ13号(2009年5月発売)
社内をグリーンにする7つの方法、社長を動かせ、社員を動かせ
今や社会貢献や環境活動を全くしない企業はない。しかし環境・社会貢献の専門部署は頑張っていても、なかなか社内に伝わらないことも多く、ともすれば孤軍奮闘のこともある。どうすれば社内全体を「グリーン」に変えられるのだろうか。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ12号(2009年3月発売)
ソーシャルなお金の貸し方
「志」のお金で社会や地域を変える
社会性が高い事業を行う企業やNPOに融資する「ソーシャル・ファイナンス」が脚光を浴びている。貸し手の多くは大手の金融機関ではなく、有志から出資を募り、お金の流れで社会を変えようとするソーシャル・バンカーたちだ。その姿を追うと、貸し手と借り手が顔を付き合わせ、二人三脚で事業を発展させていくという、金融業の原点とも言える姿が浮き彫りになった。この流れをさらに広めるには、何が必要なのか。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ11号(2009年1月発売)
「環境税は怖くない」
温暖化ガスを削減する有効な手段の一つ「環境税」はフィンランドが90年に導入し、欧州に拡大した。08年にはカナダと米国の自治体も導入した。日本では産業界の猛反対が続くなか、環境省は5年連続で法制化を目指している。導入にはどのような配慮が必要なのか、どうすれば反対勢力が納得するのか。先進各国の事例も見ながら検証してみた。
続きを読む 購入はこちら


オルタナ10号(2008年11月発売)
ポスト・ブッシュ、環境大国へ オバマとマケイン、「グリーン政策」で競う
20世紀型の大量消費文明の象徴である米国は、京都議定書の枠組みとも一貫して距離を置き、地球規模の環境活動における存在感は決して大きくなかった。しかし、大統領選のオバマ・マケイン両候補者とも「環境」を前面に掲げ、どちらの候補が当選しても、積極的な環境政策、特に「脱石油」への大転換になるのは間違いない。米国の環境・エネルギー政策、ビジネス、ライフスタイルはどう変貌するのか。
続きを読む 購入はこちら

ページ: 1 2 3 4 5 6

2020年8月12日(水)10:33

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑