コロナ時代こそ「SDGsアウトサイドイン」活かせ

「コロナ禍だからマスク製造」はアウトサイドインではない

ただ、アウトサイドインは、長期的な視野と、社会との対話が必須です。今年や来年の売上高を作るものではなく、中長期的な戦略です。新型コロナ禍では、多くの企業がマスクの製造に乗り出しましたが、これはアウトサイドインとは言えません。すでに市場ニーズが顕在化していたからです。

市場ニーズが顕在化してしまうと、多くの企業が参入し、またたく間に「レッドオーシャン化」します。マスクの場合も、当初は高値で売れたものの、その後の価格は大きく下がり、当初見込んでいた利益率を出せないケースが増えています。

同業他社にはまだ見えていない社会のニーズを探し出すのは容易ではありません。そのためには自治体や大学、NGO/NPOなどさまざまなセクターとの協働やオープンイノベーションが不可欠です。

サステナブル・トランスフォーメーションの時代

ページ: 1 2 3 4

2020年8月18日(火)22:49

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑