梱包テープを再生プラに変換、独テサテープが大賞に

記事のポイント


  1. 在日ドイツ商工会議所は「サステナブル・ビジネス・アワード2023」を開催した
  2. テサテープがサステナブルビジネス賞に輝いた
  3. 日本で多く消費される梱包テープの環境配慮に着目した

ドイツ企業の日本での事業活動を支援する在日ドイツ商工会議所(東京・千代田)は11月22日、独企業の革新的で持続可能な取り組みを表彰する「サステナブル・ビジネス・アワード2023」を開催した。粘着テープメーカーであるテサテープがサステナブルビジネス賞に輝いた。日本で多く消費される梱包テープの環境配慮に着目した。(オルタナ編集部・下村つぐみ)

「サステナブル・ビジネス・アワード2023」表彰式  ©2023 在日ドイツ商工会議所
下村 つぐみ(オルタナ編集部)

下村 つぐみ(オルタナ編集部)

1997年兵庫県生まれ。公立鳥取環境大学卒業。大学では環境学部に所属し、循環型社会におけるグループ・ダイナミックスを専攻。大学卒業後、カナダのトロントへ短期留学し、海外と日本の比較からサステナブルの取り組み状況について理解を深める。日本に帰国後の2022年10月、株式会社オルタナ入社。

執筆記事一覧
キーワード: #サステナビリティ

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..