精神障がいを患うスタッフたちが開発したコーヒーを出す「カフェピア」

精神障がい者の働く場として「カフェピア」やネット通販サイトなどを運営するNPO法人レジスト(神奈川県川崎市/理事長・斉藤剛)では、気分や体調に合わせたオリジナルブレンドのコーヒーを開発し、販売している。(フリーライター&エディター 今一生)

精神病を患っても、コーヒーを飲む習慣は変わらない人は少なくない。コーヒーに含まれるカフェインには、精神科で処方される薬の副作用を緩和すると指摘する向きもあるからだ。

しかし、カフェインを過剰摂取すれば、病状の悪化を招くとの指摘もあり、コーヒー好きの患者にはカフェインを控えなければならないという悩ましい問題が起こる。

1 2