UBS証券の堀氏は「サステナビリティを追求することは当社の存在価値そのもの」と話した。「ビジネスのあらゆる側面にサステナビリティが求められ、グローバル企業ではその動きがすでに主流になった」と説明した。

堀氏は社内を革新するため、社員にボランティアの参加を呼びかけた。同社のSCSR活動のテーマは、「長期的かつ社員が地域に入りこむこと」。聴覚障がい児向けにプログラミングを教えるボランティアなど75のプログラムがある。65%の社員がボランティアに参加している。

聴覚障がい児向けのプログラミング教室では、社員がまず子どもから手話を教わった。「一方的に教えるだけではなく、お互いがパートナーとなって交流し、地域の子どもを元気にした」(堀氏)

森氏はCSRのブランディングについて、「インナー向けが大切」とし、PRの意味ではなく、社員の意識変革を通して、ブランドになっていくと話した。

中越パルプ工業は年間80万トンの紙を生産する製紙会社。日本の製紙メーカーでは唯一、国産竹から紙をつくっている。工場を置く地域のタケノコ農家から、竹林整備で出た大量の竹を「なんとかしてくれないか」と頼まれたことがきっかけでこの取り組みを始めた。1998年から生産を始め、今では年間2万トンの竹を紙に活用している。

西村氏は「当社には、CSR部も広報部もない。私自身が意義を感じて発信しているが、サステナビリティが企業のブランディングにつながるのか、まだ正直分からない」と話した。

しかし、「巻き込むことが下手だから苦戦しているが、社外に発信し続けていけば、そのうち会社全体も変わっていくと思っている」(西村氏)。

中越パルプ工業は竹紙の取り組みで、「エコプロダクツ大賞」農林水産大臣賞など数多く受賞、竹紙でつくったカレンダーは「全国カレンダー展」で毎年受賞をしている。

1 2