■刑務所でのバッグ製作―出所後の仕事を

スルシィでは2015年から、工房のあるセブ島カルカル市の刑務所に継続的に通い、収監されている女性たちにバッグの編み方の指導を続けてきた。

スルシィでは、刑務所に収監されている女性たちが出所後に仕事を得ることができるよう、刑務所内での技術講習を継続的に行っている(写真提供:スルシィ)

「フィリピンでは、高い学歴を持たない人びとにとって、ちゃんとした仕事に就くことはとても難しい。編む技術は一度身に付ければなくなることはない。収監中の女性たちにとって、刑務所を出た後に暮らしていくためにもプラスになる」と関谷さんは言う。

できあがったバッグに対しては工賃を支払っている。そのお金は所内での女性たちの日用品や、家で暮らす子どもの教育費に充てられているという。

関谷さんによれば、ドゥテルテ大統領による麻薬取締強化の影響で、取り組みをはじめた2015年ころに比べ刑務所に収監されている人数は3~4倍ほどに増えているとのことだ。「ドラッグの使用で収監されている人がほとんど。子どもを抱えている女性も多く、出所後に仕事を得られるよう支援していくことが重要だ」(関谷さん)

 

■インクルーシブなビジネスでSDGs達成目指す

1 2 3 4 5