■自立した生活を実現

USEは1995年に視覚障がい者の作業所としてスタートした。現在は視覚に限らず、あらゆる障がいを持つ人たちと健常者がともに働く場となり、伝統的手工業にのっとって、長持ちする製品を手作りしている。

 

※この続きは、オルタナ56号(全国書店で発売中)掲載の特集「SDGsビジネス戦略:アウトサイドインは昭和と海外に学べ」でご覧ください。

1 2