難民は厄介者ではない。ユダヤ人でナチスの迫害を逃れて米国に渡ったアインシュタイン、ロシア生まれで日本のプロ野球で活躍したスタルヒン。ユダヤ人でナチス占領下のチェコスロバキアから英国、その後米国に逃れたオルブライト元国務長官。サッカーのハリルホジッチ監督は内戦のボスニア・ヘルツェゴヴィナからフランスに逃れた難民である。難民は行く先の社会に大いに貢献するのである。

難民の望むのは認定難民という一枚の紙きれではない。自由に学び働く、人間としてごく当たり前の権利だ。そして、それは日本の地域、NPO、企業の協力があれば可能なのだ。

カナダのTalent Beyond Boundaryという団体は難民キャンプにいる人たちをカナダやオーストラリアの企業に紹介している。日本でもモンスターラボのようにパレスチナやシリア難民の雇用を考える企業も出始めている。時代は変わっている。ウェルジーのメンバーには経済界が文科省に協力して新しく始めた留学制度トビタテ留学JAPANの経験者が多い。新鮮な発想の芽を伸ばしたいものである。(完)

1 2 3