ロート製薬は新型コロナウイルスの感染予防対策として、2月28日から、全社員に毎日検温してもらう仕組みを導入する。27日、全社員に通達した。毎朝、体温を測定し、会社が用意したフォームに入力する。37.5度以上や平熱から1.5度高い、または倦怠感がある社員には、自宅療養を求める。同社の広報・CSV推進部の柴田春奈さんは「状況を見定めながら、当面の間、続けていく」と話す。(オルタナS編集長=池田 真隆)