【連載】サステナビリティ経営戦略(1)

サステナビリティ経営研究家の遠藤です。

企業でのサステナビリティ推進及び調査研究の実務経験を通して「日本企業の持続可能な経営のあるべき姿とは何か」を主なテーマとしてコラムを担当させていただきます。よろしくお願いします。

政府は、「サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させたシステムにより経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会」をSociety5.0と名付け、我が国の目指すべき社会の姿として、その実現を目標に掲げています。

Society5.0を実現するためには、デジタル・トランスフォーメーション(DX)を官民一体で進めることが重要であると考えられており、その基盤となるデジタルガバナンス改革の検討が経産省を中心に進められています。

その成果の一環として、11月9日にデジタルガバナンス・コードが公表されました。あらゆる要素がデジタル化されていくSociety5.0に向けて、グローバルではビジネスモデルの抜本的な変革と既存ビジネスモデルの破壊による新たな成長を実現する企業も現れてきています。

発想と行動の転換こそがDX

1 2