「素材はサボテン」、オニツカタイガーが新商品発売へ

記事のポイント


  1. オニツカタイガーからサボテン由来の素材を使用したシューズを発売する
  2. 商品名は「MEXICO66 CACTFUL」、アッパーに20%以上の植物素材を使用
  3. 2023年1月から世界15カ国で1万足を販売する

オニツカタイガーは10月27日にサボテン由来の素材を採用したシューズ「MEXICO66 CACTFUL」を発表した。靴のアッパー部分に20%以上のメキシコ産のサボテン由来の素材を採用した。来年1月に世界15カ国のオニツカタイガー旗艦店で販売する。(オルタナ編集部・萩原 哲郎)

「MEXICO66 CACTFUL」を発表するオニツカタイガーカンパニー長の庄田良二氏(右)と駐日メキシコ大使館のメルバ・プリーア駐日大使

MEXICO66 CACTFUL」はオニツカタイガーの代表的商品である「MEXICO66」のアッパーにメキシコ産サボテンの繊維などを20%以上使用したものだ。今回採用した素材はサボテン由来の素材「DESSERTO」を手掛けるメキシコ企業の技術者との協働で開発した。

シューレースにはリサイクル素材を使用するなど、環境負荷を低減する。従来のアニマルレザーに比べると、製造工程でのCO₂排出量を約80%削減する。

製造時に残ったサボテンは食用として活用されるため、廃棄物を出すこともない。

今回開発した素材は企業の枠を越えて使用されていきそうだ。オニツカタイガーカンパニー長の庄田良二氏は「この新素材がより広まっていくようにしたい。今後、様々な企業やブランドが使用する予定です」と明かす。

MEXICO66 CACTFUL」は来年1月から約1万足を販売する。販売価格は16500円となる。

萩原哲郎

萩原 哲郎(オルタナ編集部)

2014年から不動産業界専門新聞の記者職に従事。2022年オルタナ編集部に。

執筆記事一覧

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..