世界の自然保護、日本の技術で ――トヨタが守る生物多様性

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの産業が地球環境と共存するうえで、生物多様性の保全は基盤となる重要な問題だ。2010年に日本(愛知県)で開催されたCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)から2年、企業に何が求められているのか。世界最大の自然保護ネットワーク機関「国際自然保護連合」(IUCN)日本オフィスの古田尚也氏に話を聞いた。聞き手=森 摂(オルタナ編集長)

ページ: 1 2 3 4

2013年3月30日(土)10:35

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑