シカゴの新聞が写真部員28人全員解雇――これから記者はスマホで撮影?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラマンの全員解雇を報じた「シカゴトリビューン」

1844年創刊とシカゴで最も古い新聞「シカゴ・サンタイムズ」がこのほど、写真部に所属する28人の常勤カメラマン全員に解雇を伝えた。30日、大手シカゴトリビューン紙の電子版が報じた。

報道によると、解雇理由は「ニュース報道ではスチール写真からビデオやマルチメディアにニーズがシフトしていること」。サンタイムズはイリノイ州を中心に約40の地方紙グループを形成しており、この動きが他社に広がる可能性もある。

サンタイムズ側のリリースには「視聴者はビデオ・コンテンツを求めている。こうした要求に応えられる報道能力を持たなければならず、リストラせねばならなかった」といった内容が書かれていた。

米国や欧州、日本でもニュースは動画化や生中継が進んでいる。その一方で、デジタルカメラやスマートフォンの性能が上がっており、記者がカメラマンを同行して取材するケースは年々減っている。ツイッターでも、シカゴのフリーライターが「これから記者は自分でスマホで取らなければ」とつぶやいた投稿もあった。(オルタナS副編集長=池田真隆)

2013年5月31日(金)13:06

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑