田村厚労相、「化粧品の動物実験廃止、予算措置目指したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

署名を提出する福本社長(写真右から2番目)と受け取る田村厚労相(写真右端)=28日午前 厚生労働大臣室で

自然派化粧品ブランド「ザ・ボディショップ」を展開するイオンフォレストの福本剛史社長らは28日午前、田村憲久厚生労働相におよそ20分間面会し、化粧品の動物実験反対を要請する署名を提出した。田村厚労相は「すぐに法改正は難しいものの、まずは予算措置を目指したい」と答えた。(オルタナS副編集長=池田真隆)

署名は2012年から2013年にかけて、同店舗やオンラインなどで集め、その数は約11万7千筆に達した。

署名を受け取った田村厚労相は、「化粧品は医薬品や食品と異なり、人の命にかかわるものではないため、すぐに法律で規制することは現実的に厳しい。しかし、美しさに動物の犠牲があることは、決して良いことではない。代替法を取り入れることを促進できるように予算をつけていこうと考えている」と答えた。

さらに、「動物実験を自主規制しているメーカーが、より多くの消費者を巻き込んで、動物実験で作られた化粧品の不買運動や反対を求めるキャンペーンを起こすことができれば、市民の声としてより受け止めやすくなる」と述べた。

イオンフォレストの福本社長は、「法律の部分ではすぐに改正することが難しいと話されたが、消費者のムーブメント次第で状況は変えていけると感じた」と話した。

福本社長は、動物実験の実態を知らない人に向けて、より一層周知していきたいと話した。「動物実験で作られた化粧品は女性用のものだけではない。男性も日々使うシャンプーもそうである。今日の面会をきっかけとして、まずは知ってもらうために最善の努力をしていきたい」。

今回、署名を提出したザ・ボディショップは、1976年の創業から一貫して、動物実験を行わない自然派化粧品にこだわり続けている。独自のフェアトレード手法を取り入れ、取り扱う商品の9割に適用している。

EUでも、1993年から動物実験に反対するキャンペーンを開始し、欧州委員会に400万人分の署名を提出するなど、美しさに犠牲はいらないと指揮を取り、環境経営のパイオニアとして世界的に知られている。

ページ: 1 2

2014年1月29日(水)22:54

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑