WWFジャパン新事務局長に元ソニーブラジル社長が就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

WWFジャパンのウェブサイト

WWF(世界自然保護基金)ジャパンは2月2日、新事務局長に元ソニーブラジル社長の筒井隆司氏が就任したことを発表した。筒井氏は、中東や欧米諸国など海外支社での駐在経験を持ち、ソニーロシアおよびソニーブラジルでは社長を務めた。(オルタナ副編集長=吉田広子)

WWFは、1961年にスイスで設立された地球環境保全団体。生物多様性の保全、地球温暖化防止活動など世界100カ国以上で活動している。

筒井新事務局長は、「2050年に向け、世界の人口は95億人まで増え続けると予測されている。これまで先進国が突き進んできた経済優先の産業政策だけでは、地球への環境負荷は許容の限界点を超え、不可逆的な破壊に向かうこととなる。行政や企業、個人とのつながりを強めながら、意見や提案を聞かせてほしい」とコメントしている。

9年にわたり事務局長を務めた前任の樋口隆昌氏は、1 月31 日をもって退任した。

2015年2月3日(火)20:21

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑