企業家精神とサステナブル・イノベーションを考える――大企業に求められる、ソーシャル・イノベーションのスケールアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

大企業の役割は、自らがもつパワーを活用して社会的ニーズに応え、スケールアップしていくことだ。今はローカルで小さな取り組みにとどまっているCSR活動はグローバルに展開すべきであるし、それが可能だと思われる。フォーチュン誌に掲載されているような企業では、取り組みをアップスケールさせ始めている。グローバル課題に取り組んでいくために、次のようなことが求められる。

(1)商品・マーケットを社会的課題に対応するようにデザインしなおすこと。新しい市場を開拓し、貧困層を巻き込み、ビジネスの成長を通して貧困層の収入を増やす、市場本位のアプローチである。

(2)バリューチェーンの生産性を上げること。民間セクターだからこそ、バリューチェーンに貧困層の人々を巻き込んでいくことができる。バリューチェーンを通して人権問題や貧困問題に取り組み、インクルーシブ・ビジネスを実施することが求められる。

(3)政府・企業同士・NPO・コミュニティなどによるローカル・クラスターを創ること。ローカルレベルで強固なクラスターをつくることは企業の生産性を上げることになる。

ローカル・クラスターについては、さらにこのような議論もある。貧困層に魚を提供するのも、魚の釣り方を教えるのもいずれも十分ではなく、貧困層の人々が魚をもっと販売し収入を増やすことが必要である。

そのためアントレプレナーを育成し、小さな企業を育てていくインキュベーショングループを構成し、ローカル・クラスターとして産業のエコシステムをつくるというマルチステイクホルダーアプローチが有効であるというものである。ここでいくつか事例を示したい。

ページ: 1 2 3 4 5

学会「企業と社会フォーラム」(JFBS)
JFBSは、企業と社会の関係にかかわる諸課題について、学界、産業界、政府・行政、市民組織等との幅広い連携のもと、海外の関係組織とも協力しながら、理論と現場をつなぎ、学際的議論・研究および人材育成を行う学会です。WEBサイト http://j-fbs.jp/

2016年2月15日(月)15:36

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑