大阪府堺市、1年家賃無料で若者呼び団地再生へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーティストやクリエイター志望の若者たちを応援するために、1年間、家賃無料で団地に住める取り組みが大阪府堺市で始まった。若者の夢の実現と、高齢化が進む団地の再生を同時に目指す。(オルタナS関西支局特派員=小倉 千明)

リノベーション済み部屋の広さは1LDK。友人・家族住まいも可能だ

リノベーション済み部屋の広さは1LDK。友人・家族住まいも可能だ

この取り組みの名称は、UR都市機構の「URワカモノ応援プロジェクト」。全国初の仕組みで、大阪府堺市の白鷺団地で展開している。

■高齢化する団地にワカモノのパワーを引き込む

同プロジェクトでは、高齢化が進む白鷺団地の一室に、若者が住みながらクリエイターへの夢を追う。住み手として募集するのは、画家、ミュー ジシャン、お笑い芸人など、20代のクリエイターの卵たち。リノベーション(改修)された1LDKの部屋で一年間生活をしながら、さまざまな創作活動を行う。

白鷺団地は、地下鉄御堂筋線なかもず駅から一駅、南海なんば駅から19分と利便性も高いため、人が集まりやすい立地

白鷺団地は、地下鉄御堂筋線なかもず駅から一駅、南海なんば駅から19分と利便性も高いため、人が集まりやすい立地

一年間無料で住める代わりに、入居した若者は、SNSやブログを通じて、自分たちの活動状況を毎週発信する。また、2カ月に1回、団地内の集会所で個展やライブイベントを実施。これによって、団地に住む他の住人とのコミュニケーションが広がるとみている。

プロジェクトが立ち上がった背景には、団地の高齢化という社会問題が横たわっている。UR都市機構の調査によると、団地に住む人の平均年齢は56.8歳。プロジェクトがスタートする白鷺団地は、平均年齢が62歳に達している。

「高齢化が進みつつある団地に若者に住んでもらうことで、多様な世代がつながりながら暮らせる、『ミクストコミュニティ』を形成したい」と、森廣敏正・UR都市機構西日本大阪エリア経営部長は言う。高齢者と若者が交流するための仕掛け作りは特に考えていない が、「同じ団地に住むことで、自然とふれあいが生まれるのでは」と期待する。

■団地だからこそ生まれる、ゆるやかなつながり

ページ: 1 2

2016年3月7日(月)10:22

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑