航空各社がLGBT対応、同性カップルもマイル共有

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

国内外の航空各社がLGBT(性的マイノリティ)対応を進めている。日本でもJALとANAが今年から同性カップルの家族マイル登録を始めた。英国航空やアメリカン航空は、マイルの家族適用だけでなく、LGBTの人々の雇用を増やし、社員教育にも登用し始めた。LGBT問題については顧客や社員からの改善要求が高まっており、大手航空会社が率先して対応した形だ。(羽生のり子)

ANAは自社ラウンジのトイレに「レインボーフラッグ」を表示している

ANAは自社ラウンジのトイレに「レインボーフラッグ」を表示している

JALは2016年1月から、同性カップルの家族マイル登録を始めた。ANAは個別に対応していたが、7月1日に同様の制度を正式に採用した。家族がそれぞれに集めたマイルを合算して、家族の一員が使うことができる。登録には自治体の証明書や住民票が必要だ。

JALグループの日本トランスオーシャン航空(本社・那覇市)は、7月17日に那覇市で開催されたLGBTイベント「PINK DOT OKINAWA」に協賛し、イベント会場で結婚式を挙げた同性カップルに家族マイル登録を行った。

続きはこちらへ

2016年8月31日(水)19:50

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑