ワタミが長野県の自社有機レタス農園に見学ツアー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ワタミは9月10日、長野県東御市に所有する有機レタス農園に消費者を招待するツアーを実施した。同社は2003年から有機野菜の栽培を始め、全国12か所に有機農園を所有している。現在、店舗で使う有機野菜と特別栽培野菜の割合は40%で、今後も拡大する予定だ。(オルタナ編集部=小松遥香)

獲りたてのレタスをそのまま食べる経験は、子どもにとっても貴重だ

獲りたてのレタスをそのまま食べる経験は、子どもにとっても貴重だ

同社は今年6月9日から7月20日の限定メニューとして「有機ロメインレタスとケイジャンチキンのごちそうシーザーサラダ」を和民と坐・和民で提供。期間中に東御市にある農場での収穫ツアーの参加者を募集し、抽選に当たった親子連れなど7組が収穫ツアーに参加した。

「ワタミが有機農園を持っていて、そこで栽培した野菜を提供していることを知らないお客様がまだ多い」と岡田武広報・CSR部長は話す。実際に、同社が農園を運営していると知る人の割合は、ネット調査で10%だった。

続きはこちらへ

2016年9月14日(水)12:33

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑