EV車を社内ベンチャーで開発、早期生産目指す―トヨタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スピード感を持ったEV車開発でゼロエミッションを目指す(イメージ)

スピード感を持ったEV車開発でゼロエミッションを目指す(イメージ)

トヨタは電気自動車(EV)を開発する新組織を12月に立ち上げる。トヨタ、豊田自動織機、アイシン精機、デンソーの4社から参加する社内ベンチャー組織だ。トヨタは2015年10月に「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表。1つ目のチャレンジとして「新車CO2ゼロ」を掲げており、EV車はゼロエミッション達成のひとつの手段となる。従来の方法に捕らわれない柔軟な環境を整え、事業のスピードアップを図り、市場へ早期に商品投入する狙いがある。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2016年11月22日(火)15:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑