ティファニーが追求するサステナビリティと調達課題

このエントリーをはてなブックマークに追加

米宝飾品大手ティファニーが今年8月に発表したサステナビリティ・レポートでは、CSRの進捗や環境保護活動、ダイヤモンドをはじめとする原材料の採掘環境や関連する社会問題への同社の取り組みについて報告されている。(翻訳・編集:オルタナ編集部=小松遥香)

Tiffany & Co.

Tiffany & Co.

フレデリック・キュメナルCEOは、「長きにわたり環境と人への責任を果たしてきたと自負している。高級ブランドのなかでもサステナビリティに関して世界トップレベルの対応をとっていると言えるのは、世界に与える影響と責任を真摯に受け止めているからだ」と話す。

新たな目標としては、2050年までに温室効果ガスの排出量をゼロにすることや段階的に自然エネルギーに移行することなどを掲げている。

これは、各界の指導者たちに低炭素経済への移行を薦めるThe B Teamと呼ばれるビジネスリーダーチームが立ち上げた世界的なイニシアティブの一環だ。

The B Teamは短期的利益を追求するプランAではなく、利益を追求しながらも人や地球にやさしいビジネス「プランB」を実行するビジネスリーダーの集まりだ。ノルウェーのグロ・ハーレム・ブルントラント元首相・WHO事務局長やヴァージンレコードの創業者リチャード・ブランソン氏、ムハマド・ユヌス氏などが名を連ねる。

さらに、同社は2020年までに主要サプライチェーンから森林破壊をなくす方針を掲げている。ティファニーブルーのパッケージやカタログなどは、レインフォレスト・アライアンスの協力を得て、サステナブルな森林管理が行われている木材や再生紙で製造するよう取り組んでいる。

調達方針と課題

ページ: 1 2

2016年12月19日(月)19:42

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑