プレミアムフライデーに賛同、3000社超える

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミアムフライデーのロゴ

毎月最終金曜日に、15時を退社時間に設定するよう企業に働きかけをおこない、消費を喚起する「プレミアムフライデー」が2月24日から始まる。実施に向けて、経済産業省、経団連、業界団体などで構成する推進協議会が設立され、昨年12月に実施方針・統一ロゴマーク等が決定した。ロゴマークは、一定の使用基準の下、推進協議会のホームページから自由に使用できるが、23日現在、申請が3246社となった。(オルタナ編集部=松島 香織)

プレミアムフライデー実施により、アサヒグループホールディングスは在宅勤務やフレックスタイム制度の利用や有給休暇取得を促進する。森永製菓は15時フレックス退社や午後年休の取得、会議や行事を設定しないように推進している。さらに従業員へ消費・経済の活性化につながる過ごし方を要請している。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年2月25日(土)16:48

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑