有馬利男GCNJ代表「SDGsで企業価値高めよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

SDGsの推進が企業価値向上につながると強調する有馬代表理事 (写真=廣瀬 真也・spread)

サステナブル・ブランド国際会議2017東京に有馬利男・グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ、東京・港)代表理事が登壇した。有馬代表理事は、SDGsの推進について、GCNJの役割を話した。「社会性」で企業が評価される時代になったとし、「経営者は勇気と自信を持って、SDGsの推進へ取り組んでほしい」と訴えた。(オルタナ編集部=池田 真隆)

有馬理事は、サステナブル・ブランド国際会議2017東京のアンバサダーでもあるが、サステナビリティに関する国連グローバル・コンパクトの動き、そして、SDGsを推進していく上での企業の役割について話した。

国連グローバル・コンパクト(UNGC)は1999年、コフィ―・アナン国連事務総長(当時)がスイスの世界経済フォーラムで提唱したイニシアチブだ。会議の場で、ビジネス界のリーダーに向かって、「人の顔をしたグローバル市場を一緒につくりましょう」と訴えたという。

その背景には、1990年代、企業成長の裏で起きた社会問題があった。89年にベルリンの壁が崩壊し、米ソの冷戦が終結し、ヒト・モノ・カネが動き出した。そうしてグローバリゼーションの動きが活発化した。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年3月30日(木)21:28

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑