ゼロ・エネルギー実現へ、店舗の省エネ化進む流通業界

このエントリーをはてなブックマークに追加

大和ハウスグループの「ロイヤルホームセンター津島店」は、店舗屋根面にメガソーラーを設けZEB化を推進

エネルギーコストや環境負荷の削減のため、商業店舗がゼロ・エネルギー化に向かっている。大和ハウスグループのロイヤルホームセンター(大阪市)は、太陽光発電の設置や、自然光や通風の活用で空調を抑制し、大型店舗では初めてZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現した。ローソンやイオンでも自然エネの利用や高断熱化、高効率化によりZEBを目指す店舗が増えている。国のZEB化ビジョンもこれらの動きを後押しする。(箕輪 弥生)

資源エネルギー庁は、ZEBを「高断熱化・日射遮へいなど建築計画的な手法を最大限に活用してエネルギー消費量を半分以上減らし、その上で太陽光発電などによりエネルギーを創ることで年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又はおおむねゼロとなる建築物」と定義している。

しかし、実際は立地や建築物の構造などより実現はなかなか難しいのが現状だ。その中で、ZEBを実現した店舗がある。

大和ハウスグループのロイヤルホームセンターは、2013年4月から大和ハウス工業の技術を導入したZEB店舗の開発や既存店舗の建物改修を進め、エネルギーゼロに挑戦している。

「ロイヤルホームセンター津島店」(愛知県2016年4月オープン)は、越屋根から自然光と通風を呼び込み、昼間の照明電力や空調エネルギーを削減した。これに加え、日照条件の良い平屋建てという特性を活かして、屋根面に1.2MWのメガソーラーを設置し、延床面積1万平方メートル超の商業施設では、国内初のZEBを実現した。

「ロイヤルホームセンター長久手」(愛知県2015年2月建て替え)は、傾斜のある立地を活かし、店舗の西側を地面に接するように配置することで断熱性を高め、空調によるエネルギーを削減した。

同社広報室の佐野快担当は「土地の属性に合わせて省エネをしている」と説明する。同ホームセンター全店舗で2005年度比CO2排出量を44.1%削減した。これらの実績により、平成28年度「省エネ大賞(省エネ事例部門)」において、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞している。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年4月29日(土)22:18

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑