ステラ・マッカートニー新広告、過剰消費と廃棄に警鐘

このエントリーをはてなブックマークに追加

Image Credit: Stella McCartney

Sustainablebrands.comから翻訳・転載] 英ファッションブランドのステラ・マッカートニーが7月19日、「過剰消費」と「廃棄」をテーマにした秋冬コレクションの広告を発表し、話題になっている。同広告の撮影場所には、スコットランド東海岸のごみ廃棄場を選んだ。(翻訳・編集:小松 遥香)

サステナブルでエシカルなファッションブランドとして知られるステラ・マッカートニーは、高級ブランドでありながらも、「素材を集めて商品をつくり、つくっては廃棄する」という線形経済から抜け出す挑戦をしている。実際、数か月前に、海洋環境保護に取り組む団体が開発した海洋廃棄されたプラスチックから生まれたリサイクル繊維や、ナイロン製の廃棄物を再利用してつくったリサイクルナイロン繊維ECONYL®を使って商品をつくることを発表した。

今回の広告は、「世界中で日々、いかに多くのごみが廃棄されているか」、そして「私たちの世代が後世にどんなものを残そうとしているか」を力強いメッセージで問いかけている。

デザイナーのステラ・マッカートニー自身は、「私たちがどうなりたいか、どう行動を起こすかをこの広告では描いた。私たちは、他の生物や地球と人間を切り離して、人工的な環境をつくってきた。これが廃棄物が生まれる理由だ」と説明している。

広告のテーマだけでなく、今回の秋冬コレクションの商品自体も、オーガニックコットンやリサイクルナイロン、植物素材で使用したベジタブルレザー、リサイクル繊維を使ってつくられている。今や、同ブランドの婦人服の53%は、新たに開発されたリサイクル素材でつくられている。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年7月25日(火)22:13

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑