資生堂、ミレニアル世代向け自然派ブランドを世界発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアブランド「WASO(ワソウ)」

Sustainablebrands.comから転載]

資生堂は7月14日、世界のミレニアル世代をターゲットにした新たなスキンケアブランド「WASO(ワソウ)」を発売した。同商品は「表面的なものより本質的なもの」に価値を置く同世代に合わせて、豆腐やはちみつなどの自然素材に着想を得て商品開発した。パッケージも同世代に合わせてシンプルなデザインを採用している。同世代に合わせて、プロモーションや販売もネットを中心に行っていく。(オルタナ編集部=小松 遥香)

WASOは、同社が世界88カ国で展開するSHISEIDOから発売される。先行して、米国や東南アジアなど21カ国で発売されており、日本では10月から販売が始まる。

米国でもミレニアル世代の存在感は大きく、マーケティングコンサル「TABS Analytics」は、化粧品を定期購入する消費者層の47%がミレニアルズ世代と発表。また現在、日本の自然派・オーガニック化粧品市場は年々拡大する傾向にあり、市場規模は1200億円を超えると矢野経済研究所は発表している。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年7月26日(水)22:41

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑