先進企業にコニカミノルターーESG投資のDJ指標

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載] ESG投資の世界的指標であるダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)が9月8日に発表され、24の各産業の中から先進的な企業1社が選出される「産業別リーダー企業」にコニカミノルタが日本から唯一選ばれた。今年、DJSI構成銘柄に選ばれたのは3484社。日本企業は、世界版にホンダやオムロンが新たに入り、アジア・太平洋地域版にはクボタ、三菱重工、積水ハウスが選出された。銘柄入れ替えは9月18日に行われる。(オルタナ編集部=小松 遥香)

国内では、2014年の「『責任ある機関投資家』の諸原則(日本版スチュワードシップ・コード)」の制定以降、環境や社会、ガバナンスに関する経営戦略を投資の重要な判断材料にするESG投資への注目は年々高まっている。DJSIはESG投資の代表的指標の一つで、米S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスとスイスのESG投資の評価会社ロベコSAMが1999年に開発したものだ。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年9月13日(水)21:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑