環境省、2014-15年度の地球温暖化対策の進捗を公表

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sustainablebrands.comから転載] 環境省は9月4日、2014年度と2015年度の地球温暖化対策・施策の進捗状況を公表した。日本の温室効果ガスの総排出量は、それぞれの前年度比、2005年度比ともに減少していた。この要因として、省エネや再生可能エネルギーの導入拡大などによって、電力由来の CO2排出量が減少したことが挙げられている。(オルタナ編集部=沖本 啓一)

国内の温室効果ガスの総排出量は、2014年度は約13億6400万トン(CO2換算、以下同)で、2013年度比で3.1%減少、2005年度比で2.4%減少した。2015年度は約13億2500万トンであり、2013年度比で5.9%減少、2005年度比5.2%減少した。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年9月19日(火)22:28

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑