石けん買って途上国支援、アンファーがNGOと恊働

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

スカルプD SAVE SOAP オールインワン石けん

化粧品・健康食品メーカーのアンファーは、消費者が石けんを一つ買えば、一つがカンボジアに届くプロジェクトを始めた。肺炎や下痢などの感染症を予防するため、石けんを通じて予防医学を普及していく。現地で活動する国際保健NGOのシェア=国際保健協力市民の会と、日本フィランソロピーの三者で協働し事業を展開する。(辻 陽一郎)

カンボジアの感染症を原因とした死亡率は、2013年ユニセフの調べで25.2%。近隣ASEAN諸国と比べて乳幼児死亡率も高い。予防可能な病気で命を落としている現状がある。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年10月25日(水)21:13

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑