コンテストで若者のソーシャルビジネス創出を支援

このエントリーをはてなブックマークに追加

「無私の精神」を軸としたソーシャルビジネスこそ「COOL」

九州大学SBRCエグゼクティブディレクター岡田昌治氏による「ユヌス・ソーシャルビジネスとは」と題した講話のキーワードは、「グローバリズム」「お金」「COOL」の3つだった。

先日、世界の富裕層の上位8人の資産と貧困層36億人の資産が同じというデータが発表された。なぜ企業(人間)はお金儲けをするのか。また、ビル・ゲイツのようにお金儲けをした人が、引退後に多額の寄付をするというのはなぜなのか。

もちろん、社会貢献も大事であるが、「壊したものを修復する」という欧米型のやり方では既に手遅れであり、最初から「無私の精神」を軸としたビジネス=ソーシャルビジネスに取り組む時代なのではないか。岡田氏は、SDGsはそれを達成するための方法のひとつであると主張した。

また、近江商人の「三方良し」、二宮尊徳の「道徳なき経済は犯罪である。経済なき道徳は寝言である」を「COOL」の例として挙げ、「日本人はソーシャルビジネスの遺伝子をもっている国民であり、今こそ日本人本来のビジネスに立ち返り、世界へ発信していくときである。それこそが、真のクール・ジャパンではないだろうか」と訴えた。

人間が存続するための事業がソーシャルビジネス

ページ: 1 2 3

CSR48
企業のCSR担当者を中心に「CSRに関心のある女子たち」が集まったグループ。「CSRをもっと身近に」をミッションとして、月1回の勉強会やイベントを実施している。このほか、女性のエンパワーメントによって、利害や立場を超えて、より良い社会に向けたアクションをおこしていくことを目指す。メンバーの所属は、ゼネコン、広告会社、ゲーム会社、メーカー、NPO法人など様々

2017年11月8日(水)17:42

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑