福岡の「市民発」の企業、持続可能な地方創生目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

福岡県嘉麻市で先ごろ発足した「株式会社かま」の株主は嘉麻市の市民だけで構成している。事業計画の内容は再生エネルギー事業、嘉麻市内でのライドシェア普及事業など大規模かつ多岐に渡っているが、あくまで「市民会社」を自称し、市民目線で事業を遂行していくのが狙い。原動力は代表の有田栄公氏が培った人の縁だ。現在構想中の20年計画で目指すのは、「持続可能な真の地方創生」のモデルケースとなることだ。(オルタナ編集部=沖本啓一)

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年11月8日(水)18:04

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑