SEOY大賞にマザーハウス社長

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会問題をビジネスで解決する社会起業家を表彰するSEOY(ソーシャル・アントレプレナー・オブ・ジ・イヤー)の第二回大賞が、バングラディシュでバッグ製造をして地域社会に貢献してきた株式会社マザーハウスの山口絵理子代表取締役に決まった。SEOYを日本で運営する特定非営利活動法人アイ・エス・エル(野田智義代表)が9月17日、発表、表彰した。

山口絵理子さんは1981年生まれの28歳。バングラディシュの大学院に留学後、現地で製造したバッグを日本で販売することにより、現地の雇用拡大や技術移転に努めてきた。日本で東京・銀座店など6店を展開し、年商は2億8000万円に達する。

SEOYプログラムは、チャールズ・シュワブ財団(スイス)が2005年に創設。現在、欧州や米国など約30カ国で同様のプログラムを展開している。

ヒルデ・シュワブ・シュワブ財団理事長は「日本でも多くの社会企業家がいることを知り、とてもうれしく思う。今後ももっと社会起業の波が広がることを期待しています」と話した。(オルタナ編集部)2010年9月17日

2010年9月17日(金)21:47

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑