トランスジェンダー パキスタン初の専用校

このエントリーをはてなブックマークに追加

イスラム国家、パキスタンで初めてのトランスジェンダーのための学校が2018年4月に開校した。パキスタン北部ラホールの「ジェンダー・ガーディアン」スクールは初等教育から高等教育までを行う。教育を通して、トランスジェンダーの社会的地位の向上を図ると共に、一般市民に性差別緩和を促す狙いだ。 (クローディアー真理)

シェザード理事長(後列左から3人目)、モイザ・タリク・ジラーニEFF責任者(後列右端)と学生たち

開校と同時に入学したのは、職業訓練コースの学生約40人だ。創設前にトランスジェンダーの人々に、どんなことに興味があり、学びたいかを調査。それを土台に、8分野にわたるコースが設定された。服飾デザイン、調理、グラフィック・デザインなどがある。
 
青年向きには、専門教育に加え、大学入学試験準備のためのクラスも設けられている。より良い仕事に就くために役立つ、英語でのコミュニケーション力や、安全な生活を送るために不可欠な、権利について学ぶこともできる。
 
自身もトランスジェンダーという3人を含め、12人の教職員が学校を支える。学生のほとんどが家族と絶縁しているため、メンターと寝食を共にし、勉学に励む。
 
卒業後は、コース修了時に与えられる資格を用い、起業するか、就職するかを選ぶ。学校側は、起業家の道へ進む卒業生が多いことを予想する。

「トランスジェンダーに偏見や危険にさらされずに学ぶ場を提供し、自立の道に導きたい」と語るのは、アシフ・シェザードさんだ。同校の創設者であり、国内NGO団体、エクスプローリング・フューチャー・ファウンデーション(EFF)の理事長を務める。(オルタナ53号「世界のソーシャル・ビジネス」から一部転載)

この続きはオルタナ53号に掲載されています

雑誌オルタナでは、社会課題を解決する各国のソーシャルビジネスを紹介する「世界のソーシャルビジネス」を展開。その一部をオルタナ・オンラインでも紹介する。

2018年7月5日(木)11:11

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑