ソニーと東電、グリーン電力新会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーと東京電力は9月29日、木質バイオマス発電などグリーン電力事業を行う新会社「サステナブルグリーンパワー」を10月上旬に設立すると発表した。出資比率はソニー40%、東電60%で、ソニーが使用するグリーン電力を自社でまかなうのが目的だ。

計画では新会社は、バイオマス発電を手がけるファーストエスコの子会社、白川ウッドパワーが保有する出力1万1500キロワットの木質バイオマス発電所「大信(たいしん)発電所」を譲り受け、同発電所による電力を特定規模電気事業者を通じてソニーの事業所に供給する。

ソニーでは現在、グリーン電力証書を通じて自然エネルギーを調達し、温暖化ガスの排出を削減しているが、今回グリーン電力の自家調達に踏み切ることで、積極的かつ自立的にグリーン電力の利用を拡大するとしている。(オルタナ編集部=斉藤円華)2010年10月4日

ソニー プレスリリース

2010年10月5日(火)9:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑