低炭素杯’19、離島での超小型EV事業が環境大臣賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

低炭素杯2019環境大臣賞グランプリは、大分県の「姫島エコツーリズム推進協議会」が受賞した

全国の地域や学生、企業など多様な主体による温暖化防止の活動を表彰する「低炭素杯2019」が2月8日神奈川県川崎市で開かれ、大分県姫島村の「姫島エコツーリズム推進協議会」(寺下満会長)の超小型電気自動車活用の取り組みが、最高賞の環境大臣賞グランプリに選ばれた。(オルタナ編集部=堀理雄)

姫島は、大分県国東半島の北5キロほど、周防灘にある一島一村の離島で、瀬戸内海の西端に位置している。姫島村では、観光客が気軽に利用できるバスやタクシー、レンタカーなどの二次交通機関がなく、観光産業の伸び悩みや島民の移動コストの増大が課題となっていた。

同協議会は、仕事や観光で訪れる来島者などが、環境に配慮しながら気軽に島内を移動できるように超小型電気自動車などの貸出しを行い、新たな移動手段となるような利用実証を行っている。

また今年度からは、太陽光発電による電力で、上記小型モビリティの充電や事務所の電気を補うなど、エネルギーの地産地消にも取り組んでいる。同協議会は「姫島の自然環境を守り、歴史文化を輝かせ、観光振興による地域活性化を目指す」とのビジョンを掲げている。

地域に密着した取り組みであることや、今後の発展、継続性が見込まれることなどが評価ポイントとなり、グランプリを受賞した。

ページ: 1 2

2019年2月15日(金)20:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑