日産、EV「リーフ」国内生産開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は10月22日、神奈川県横須賀市の同社追浜工場で、EV(電気自動車)「リーフ」の生産を開始したと発表した。年間生産台数は5万台で、11月に米国、12月に欧州に向けて順次出荷する。

リーフは同社のEVの世界戦略車で、普通車サイズでありながら、国からの補助金を繰り入れた販売予定価格が300万円を切ることでも注目を集める。今年度の国内販売予定台数は6千台だが、すでに予約注文で埋まっているという。

追浜工場ではリーフをガソリン車「マーチ」などと同じ生産ラインで組み立てる「混流生産方式」を採用し、生産コストを抑えた。今後は2012年度に米スマーナ工場、13年度に英サンダーランド工場でも生産を開始し、年産25万台体制を構築するとしている。(オルタナ編集部=斉藤円華)2010年10月25日

日産自動車 プレスリリース

2010年10月26日(火)11:39

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑