アーバンリサーチとファミマが環境配慮の新コラボ店

アーバンリサーチとファミリーマートは12月5日、フランチャイズ契約を締結し、コラボレーション店舗「アーバン・ファミマ!! 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー店」を2020年2月12日に開店することを発表した。同店は「サステナビリティ」をキーワードに持続可能なライフスタイルを提案する。(オルタナ副編集長=吉田広子)

サステナビリティをテーマにした「アーバン・ファミマ!! 」のイメージ

生活スタイル研究所 (東京・渋谷)が店舗プロデュースを行い、店内什器などに再生、再利用素材を使うなど、環境に配慮した素材を用いる。

例えば、余分な湿気を吸収する卵の殻を再利用したエッグウォール(壁紙)やエッグペイント(塗料)、火力発電所で発生する石炭灰のほか、使用済みのコーヒー豆など多岐にわたる廃棄物を利用したリサイクル内装ボードなどを採用する。

店内は、大型イートインスペースを境に、「PERSONAL LIFE SUPPORT」をコンセプトとした「アーバンリサーチエリア」と、「WORK TIME SUPPORT」をコンセプトとした「ファミマ!!エリア」に分かれているという。

「アーバンリサーチエリア」では、サステナブルなライフスタイルとファッションを提案。例えば、 廃棄衣料をアップサイクルする「commpost(コンポスト)」やトラックのタープ幌をリサイクルした「FREITAG(フライターグ)」のバッグ、エシカルなファッションを推進する「かぐれ」のオーガニックコスメなどを展開する。

なかでも、「commpost」は第七回環境省グッドライフアワードで「環境と福祉賞」を受賞した注目のブランドだ。「アーバン・ファミマ!!」では、コラボ商材のオーガニックコットンとリサイクルポリエステルを混紡したタオルハンカチも用意する。

「ファミマ!! エリア」では、食の充実 (中食の充実)、利便性の向上 (導入サービスの拡張)、憩いの時 (イートイン・cafe・Book)、お土産 (オフィスワーカーに向けて多様なビジネスシーンに対応できる商品選定)をコンセプトとした売場づくりを行うという。

さらに、アイランドカウンターでは昼はスムージー、夜はクラフトビールや、ファミマ!!食材を使ったアレンジメニューを提供するとともに、ヨガのワークショップやオフィスワーカー同士のネットワーキングを目的とした各種イベントを開く。

2019年12月5日(木)13:48

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑