オーストラリアの森林火災は「対岸の火事」なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアで広大な森林が燃えています。燃え盛る炎を必死に鎮火しようとする消防隊や、焼け出されたコアラなどのショッキングな映像を目にした方も多いでしょう。(一般社団法人more trees 水谷伸吉)

photo : SS studio photography / Shutterstock.com

これまで(1月上旬時点)での被害状況をまとめると、、、

●焼失面積:1,070万ha 

●死者:32人

●動物死亡数:一説には10億以上

●家屋被害:3000棟以上

焼失面積を見てもイメージが湧きづらいですが、1,070万haは北海道と四国を足した面積に匹敵します。

ちなみに2019年は南米アマゾンの森林火災が盛んに報道されていましたが、焼失面積はおよそ180万ha※(これは四国と同じ面積に相当)。アマゾンの森林被害もかなり甚大ではあったものの、オーストラリアではそれをはるかに上回る広大な面積が焼失したことが分かります。

※ブラジル国立宇宙研究所による

原因はインド洋の「ダイポールモード現象」

続きはこちらへ

一般社団法人more trees
more trees(モア・トゥリーズ)は、音楽家 坂本龍一が代表を務める森林保全団体です。国内外13か所に「more treesの森」を展開し、地域と協働で森林保全を行うほか、国産材を活用した商品の企画・開発、イベントを通じた森の情報や魅力の発信など、「都市と森をつなぐ」をキーワードにさまざまな取り組みを行っています。 https://www.more-trees.org

2020年2月1日(土)11:52

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑