マツダ、12年春からEVリース開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

EVのベースになる同社主力車デミオ(同社ホームページより。写真はガソリン車)

マツダは1月24日、主力の小型車デミオをベースにした電気自動車(EV)を開発し、2012年春から地方自治体や法人向けにリース販売を開始すると発表した。近距離移動を主な用途にして、1回の充電で200キロ程度走れる性能にするという。リース台数や個人向けの投入については未定だ。

車体は同社のデミオを使用し、補助金制度を活用した場合のリース販売価格を200万円台後半とする予定だ。航続距離を確保するため、エネルギー密度が高いリチウムイオン電池を搭載。さらに既存のガソリン車の燃費改善にも、今後の自動車開発で継続的に取り組むとしている。

EVは三菱自動車、日産自動車が既に国内で発売。トヨタ自動車やホンダも12年に投入する計画を明らかにしている。(オルタナ編集部=石井孝明)2011年1月25日

マツダ ニュースリリース

2011年1月26日(水)9:29

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑