御前崎で巨大風車11基が稼働開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

御前崎風力発電所(日立製作所ニュースリリースより)

日立製作所と富士重工業は2月1日、中部電力が建設を進める御前崎風力発電所(静岡県御前崎市)の2期工事分として、日立と富士重工が共同開発した大型風力発電施設8基を納入し、1月28日から本格稼働を開始したと発表した。

御前崎風力発電所は、中部電力が御前崎市の太平洋岸に沿って建設を進めているもので、同社の浜岡原子力発電所を挟む東西約10キロメートルに11基の発電用大型風車が並ぶ。設置されたのは「SUBARU80/2.0風力発電システム」で、直径80メートルのローターを風下に配置するダウンウィンド方式の風車。定格出力は1基につき2000キロワットだ。

同社ではダウンウィンド方式の利点を「突風などにたいして主要構造への負担が少ない」としており、風の強い海岸線や、吹き上げ風が吹く山岳地域への設置に向いているという。(オルタナ編集部=斉藤円華)2011年2月1日

日立製作所 ニュースリリース

2011年2月1日(火)11:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑