ホタルが戻ることを願い、隅田川で考える「川や環境との共生」――5月5、6日にイベント開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

約10万個の太陽光蓄電式LEDを隅田川に放流する「天の川プロジェクト」(東京スカイツリーの画像はイメージ)

東京・隅田川流域を舞台にしたイベント「東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012」が5月5日、6日に開催される。開業間近で注目される東京スカイツリーの麓で、「東京を世界に誇れる美しい都市へ」をスローガンに、「川と暮らすこと、新しい親水ライフ、川や環境との共生」を考える。

イベント開催中は、川に親しみ、川の浄化や自然に思いを馳せ、川辺のにぎわいを創出することを目的に、地域住民や親子参加によるアート展示や川辺の茶会、下町ウォークラリーなどが開催される。

5日の子どもの日には、子どもたちが大きな旗を作って船でパレードしたり、川の未来についての紙芝居を川のステージで披露したりするなど、子どもたちが主役のワークショップが行われる。

6日には、シンポジウム「東京の川をひらく」がすみだリバーサイドホール(東京・墨田)で開催され、「どうすれば川を生かした魅力ある都市生活を実現できるのか」について議論される。

クリス・ウェインライト氏(ロンドン芸術大学教授)、陣内秀信氏(法政大学工学部建築学科教授)、日比野克彦氏(東京芸術大学教授)など、水辺、都市、アート、スモールビジネスなどを切り口に独自のアイデアで活躍している8人が登壇する。

6日夜には隅田川テラスで、「隅田川にホタルがいたなら」という思いを込め、約10万個の太陽光蓄電式LED「いのり星」が隅田川に放流される。東京スカイツリーも点灯予定だ。(オルタナ編集部=吉田広子)

2012年4月17日(火)11:39

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑