社会問題解決コンペ、「いいね!」で競う――最優秀賞は100万円

このエントリーをはてなブックマークに追加

「捨てられる農作物を有効活用したい」という思いから始まった『奨学米プロジェクト』

電通は、ほか4社と共同で7月6日から、フェイスブックのプラットフォームを活用し、日本全体を元気にするプロジェクト「いいね!JAPANプロジェクト」を本格稼働させた。

これは、文化、教育などの分野で、日本各地から「いいね!」と思う活動を発掘し、フェイスブック上で多くの人とシェアし、育むことで、日本を地域から元気にしていくことを目指している。

活動第1弾として、さまざまな社会問題解決のための活動に焦点を当てて、より独自性・意義性・共感性の高い、「いいね!」と言いたくなる活動を紹介する。

現在、エントリーされているプロジェクトの中には菜園付き賃貸住宅「モーラの家」を普及させるためのものや、「奨学金」ならぬ「奨学米」を大学生に支給するかわりに、農作業を手伝ってもらうユニークな試みなどがある。

プロジェクトの募集期間は本年9月30日まで。12月に開催される「いいね!JAPANソーシャルアワード」で最優秀賞に輝いたプロジェクトには、応援活動金として100万円が贈呈されるほか、プロモーションビデオなどが制作される。(オルタナ編集部=赤坂祥彦)

2012年7月9日(月)12:03

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑