一つのヒントは、英国の「気候変動負担課徴金」(CCL、2001年導入)です。これは「対象事業体が低炭素化の努力をすれば、社会保険の雇用者負担分や国内排出取引制度を使った相殺分を含め、課長額が最大8割まで減免される制度」です。

実はこのCCLの記事は、2009年発行のオルタナ本誌第一特集「環境税は怖くない」でロンドン・冨久岡ナヲ記者が書いたものです。もう9年前の記事ですが、今でも読む価値はあると思っています。

1 2 3