アディダスは2015年から、海洋環境保護団体「Parley For The Oceans」と協働し、海に流入する前に回収されたプラスチック廃棄物をアップサイクルして生産したシューズ「パーレイ」シリーズを開発・販売し、世界で1100万足を生産した。

2019年6月からは、素材のリサイクルに向け不要なアパレルやシューズなどを店舗で回収する「TAKE BACK PROGRAM」を全国で展開中だ。2024年までに、全ての製品に100%リサイクルされたポリエステルを採用することを公約している。

1 2