「母の介護を兄弟3人で交代でやっていてね。金曜の夜から週末の担当が僕なんだ」
「介護かあ、大変ですね」
「認知症でもう僕のことも誰だがわからないんだ」
「ワインは?」
「母は若いころフランスに住んでいたことがあって、そのころから、カレーにゲヴュルツトラミネールを合わせていたみたいなんだ。ライチや白ばら、スパイスの香りが好きみたい。ここのお店のことを話したら、鼻のいい人がいるに違いないって言っていたけど、ひょっとして、君かな?」
「私、スパイスクッキーを焼いていますから」
 白山は声をあげた。
「これはびっくり。実は母もパリのクッキー職人だったんだ。いつもスパイスを工夫していて、フランスでも評判がよかったらしい」
 カレーとワインを楽しんだ日は、昔話に花が咲くと聞いて、鮎未は温かい気分になった。
 その夜、仕事が終わって、白山の母への思いやりに感激したあまりオツリを渡し忘れてしまったことを店長に打ち明けた。店長は昔、拷問でつぶれた指に力を入れてゲヴュルツトラミネールをグラスについでくれた。これに負けないスリランカのおいしい白ワインを探さなくては、鮎未はその思いを強くした。            (完)

1 2 3