株式会社オルタナ(代表取締役・森 摂)と一般社団法人CSR経営者フォーラム(会長・徳江倫明)は、「サステナブル★セレクション」第4期★(一ツ星)の公募を行い、その中から合格13件が決定しましたのでお知らせします。

「サステナブル★セレクション」とは、オルタナ編集部が定めた審査基準をもとに選んだ、製品/サービス/ブランドです。合格した製品/サービス/ブランドは、オルタナ誌面やウェブサイトでご紹介します。最優秀の三ツ星(★★★)は2021年10月に開く選考委員会で審査の上、表彰いたします。

サステナブル★セレクション第4期★(一ツ星)の製品/サービス/ブランド一覧

空水土coup mead
(空水土coup mead 島根県産百花蜜 花めぐり)

島根県益田市で環境負荷の少ない養蜂を営んでいます。ミツバチへの負担を考え、採蜜は1年に1、2回のみ。近隣の山で自生している桜や藤など、さまざまな花から採れた「百花蜜」を販売。ハチミツやミツロウを使用したワークショップも行い、環境問題への理解を深める活動も行っています。

株式会社羽車
(0円ペーパー)

封筒を作る過程で発生する余り紙で作るメモ用紙を、商品を注文したお客様に0円で販売。工場見学をしたお客様からの、切れ端がもったいない、というご意見を元にスタートし、10年間で24000箱を販売、12㌧の紙を有効活用しました。認証紙やリサイクル紙の比率も年々向上しています。

株式会社トレスバイオ
(EiTENA(アイティナ))

食品加工工場から廃棄されていた卵殻を主原料としてハイドロキシアパタイトを合成し、それを高配合して作られた歯磨き粉です。歯磨き粉1本に使用する卵殻は約7個分なので、年10万本(廃棄されるはずだった70万個分の卵殻の有効活用)を目指します。

株式会社カーサフライン
(CASA FLINE)

地球に優しい、人に優しいモノづくりをテーマに立ち上げられた、ファッションから生活雑貨までをカバーするライフスタイルセレクトショップ。エシカルに対する取り組みを示す10種のアイコンを商品下げ札へ記載し、商品の背景や取り組みを一目で判断することができます。

株式会社 きじま 
(きじま)

和食店チェーンのきじまは、持続可能な食材の調達に力を入れ、無農薬・無肥料で栽培された農産物、MSC・ASC認証を受けた水産物、アニマルウェルフェアに配慮した畜産物の使用を進めています。「きじま オーガニックチャレンジ」と題して、各種の取り組みを数値化し、自社サイトで公開しています。

Deervery
(思わず触りたくなる鹿革財布Ticket) 

捕獲した鹿の革から財布を製作。野生の鹿による「獣害被害」が騒がれて久しいですが、捕獲には税金を投入しています。ブランドを立ち上げた渡辺洋平さんは捕獲した鹿の9割が廃棄されていることに問題意識を持ちました。捕獲した鹿を市場に流通させることで、ハンターの収益を上げ、将来的には税金に頼らない山の管理を目指します。

CO+
(CO+(コープラス))

GOTS認証を受けたインド産のオーガニックコットンとテンセル・リヨセルを使った衣類を販売。ECサイトには「Shopify」を使用し、国内の商品保管場所から最終消費者への配達でかかるCO2をShopifyが連携する熱帯雨林保全プロジェクトに参加することで、オフセットしています。

株式会社スライバル
(Sustainable.)

サステナブルなライフスタイルの普及に取り組むプラットフォーム。専用のECサイトでは脱プラスチックにつながる製品を揃え、竹歯ブラシなどオーラルケアグッズも販売しています。包装もプラスチックの使用や過剰包装を削減し、生分解性のクラフトテープや古新聞などを包装紙に再利用しています。

オイシックス・ラ・大地株式会社
(Purple Carrot(パープルキャロット))

環境や健康に優しいヴィーガン食を手軽に実践できるヴィーガンミールキットブランド。食材もレシピも全て届くので、難しい知識も時間も必要なく、ヴィーガン食という新しい選択のハードルを下げました。パッケージにはサトウキビ由来のバイオマスプラスチック素材を採用しています。

シャボン玉石けん株式会社
(石けん系消火剤)

環境にやさしい石けん系消火剤。地中深くまで浸透し、小水量で素早く消化できるため、森林・泥炭火災が深刻なインドネシアでの普及にも取り組んでいます。環境への残留性も低く、植物の生育に対する影響が低いことも特徴です。

ASHUHARI
(RED BUTTON band collar tuck shirt)

レッドボタンプロジェクトは医療支援活動を行う特定非営利活動法人ジャパンハートへの寄付になる「コーズマーケティング」で展開しています。1着に付き200円を寄付しています。生地は日本の職人が手染めした天然素材を使っており、ボタンとパッケージも土に還る紙から作っています。

株式会社ビューティフルスマイル
(ReYou チョコレート)

流通過程で発生した未利用の製菓食材を利用したチョコレートブランド「Re:You(りゆう)」を開発。食品ロスを削減するだけではなく、大学生が商品企画やSNS発信にかかわり、次世代育成にも貢献しています。売り上げの一部を、自治体を通じて子ども食堂に寄付する取り組みも行っています。

AFRICL
(AFRICL)

生地の取引先は西アフリカ・ベナンの若手職人が働く工房を選び、伝統文化の継承に貢献しています。ブランドとして、「纏うモノは一生モノ」という価値観の訴求を目指しており、取り扱っているシャツのサイズはワンサイズで、145cm~185cmまで対応しています。2021年12月からはバティックの原料をすべてベナンで調達する予定です。

サステナブルセレクション第4期★の製品/サービス/ブランドのご紹介は、サステナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」66号(9月末発売)に掲載いたします。

[サステナブル★セレクションの審査基準]

サステナビリティ/CSR経営やSDGs(持続可能な開発目標)、脱炭素、サーキュラーエコノミー(循環経済)、格差是正などの理念の下、サステナブル・エシカルな設計思想を反映した製品/サービス/ブランド。特に、環境や人権、健康への悪影響を減らしたり、国内外の格差是正に資する取引手法など、生産から販売までを一貫して管理し、オルタナ編集部が社会にお勧めできると判断したサステナブルな製品/サービス/ブランド。
※基準を満たし、サステナブル・セレクションに認定された企業でも、法令違反や重大なコンプライアンス違反が起きた場合は認定を取り消します。