国連選出の「SDGパイオニア」表彰、8年間で日本人はゼロ

記事のポイント


  1. 国連グローバル・コンパクトが2023年の「SDGパイオニア」12人を発表した
  2. 毎年、SDGs達成に向け特段の功績があった個人を選出し表彰するもの
  3. 過去8年で36か国から71人が選出されたが日本人は1人もいなかった

国連グローバル・コンパクトは9月20日、2023年の「SDGパイオニア」12人を表彰した。「SDGパイオニア」は、国連グローバル・コンパクト署名企業の中から、SDGs達成に向けて並外れた功績があった個人を表彰するものだ。2016年以来、36か国から71人が選出されたが、日本からの選出はこれまで1人もいない。(オルタナ編集部・北村佳代子)

国連グローバル・コンパクトは「SDGパイオニア 2023」を発表した
北村(宮子)佳代子

北村(宮子)佳代子

アヴニール・ワークス株式会社代表取締役。伊藤忠商事、IIJ、ソニー、ソニーフィナンシャルで、主としてIR・広報を経験後、独立。上場企業のアニュアルレポートや統合報告書などで数多くのトップインタビューを執筆。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー。2023年からオルタナ編集部。

執筆記事一覧
キーワード: #SDGs

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..