編集長コラム) アフリカでソーシャル・ビジネスに身を投じたCSR部員

このエントリーをはてなブックマークに追加

■5年以内に軌道に

--ビジネスとしてのメドは立っていますか。

北村:できれば5年以内に採算が取れるようになればと考えています。ただ、そう簡単ではありません。食品ブランドを育てるというミッションが根幹にありますが、どんなブランドも5年10年で花開いたという例は、短い部類に入ります。

現在はフェイズ1の製品開発や市場調査を終え、フェイズ2の栄養効果試験やテスト販売を実施している段階です。

これを総括し、2014年春に工場の生産体制を整え、フェイズ3の本格販売に移行していきます。

とにかく、この5年で道筋を描いていきたい。それが見えてくれば、「勝利の方程式」が自分の中でできています。夢は大きく、アフリカ全土にココプラスを広め、栄養不足を改善していきたいのです。

■関連コラム--「ココプラス大使」が活躍

ガーナでココプラスを販売する女性

「栄養を売る」のは簡単ではない。特に、物流もなく貧困層の多い北部では、対面販売できる仕組みが重要だ。

そこで、味の素は、現地で活動している国際協力NGOケアインターナショナルと協働。「VSLA」(ヴィレッジ・セービング・ローン・アンド・アソシエーションズ)という村民参画型の貯蓄、融資の仕組みを利用し、販売スキームの確立を目指している。販売員は、VSLAから融資を受け、塩や大豆などの販売や農産品加工などの小ビジネスを行っており、ココプラスも販売アイテムの一つとなっている。

南の都市部では、テレビやラジオよりも「口コミ」が有効に働く。特に身近で尊敬できる、おばあちゃんやクイーン・マザーと呼ばれる首長の妻、宗教のリーダーなどの影響力が強い。彼らに製品をプレゼンし、「ココプラス大使」になってもらい、ココプラスを広める協力を得ている。同時に、栄養教育プログラムなども展開し、栄養管理の重要性を訴えている。

ページ: 1 2 3 4

2013年6月30日(日)23:13

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑